FXにおいて経済指標時(またはその前後)は、宝の山です。その経済指標時のメジャー通貨国のチャートを徹底研究し、稼げる必勝法にしようと言う趣旨のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の重要指標を詳しく解説!
為替見習いのデイトレで50万円!3位の→人気ブログランキング

みなさん、こんばんわ^^
今回は、私のFXにおける保有口座についての考えです。

私は、FXの保有口座を沢山持っていますが、
FX口座の開設基準として、
・信託保全を行っている(絶対)
・信託先が新銀行東京で無い所 
・上場していると尚良い
・世界中にIBの支店がある を中心に考えています。

新銀行東京は、中小企業の支援の為に作られた銀行です。
やはりスワップ派は、大事なお金を超長期で預けるのですから、
FX業者は、大規模の業者であって欲しい訳です。
その目安が、信託先銀行の規模である程度分かります。

スワップも大きい方が良いですし、
スプも小さい方が良いですが、
まずFX業者が潰れない事、ある日消えない事を念頭に
スワップ派は考える訳です。
それにプラスして、分散投資。業者の分散投資も大事です。

そこで、考えた結果、
ISK/JPY等の、エマージング高金利通貨専用
kakakuFX
東証一部上場の価格コム100%出資のFX会社。
他のSAXО系に比べ、倍の約600%の自己資本比率。

AUD/CHF等の、クロス円以外のペア専用
セントラル短資
日本の銀行が資金を調達するのが短資会社、
その日本ナンバーワンのシェアがセントラル短資。
自己資本比率は、約600%

クロス円(ユーロ/円が中心軸ペア)専用
外為どっとコム
FXの口座開設数は日本で圧倒的ナンバー1
自己資本比率も約500%

が、私の口座開設業者となっています。
全ての業者が値洗いが無く、スワップを確定益に出来ます。
つまり決済しなくてもスワップ金利を引き出せて
スワップ生活が可能なのです。

補足として、金利が付く間だけ、
USD/HKD専用で、
FXオンラインをつかっています。
USD/HKDは、他にも取り扱い業者があるのですが、
まず潰れにくい業者である事を考え、値洗い無しを選ぶ場合、
SAXО系を除くとFXオンラインの1択になります。
(正確にはSAXО系は値洗い有りの含み益)

スワップ派には余談として、
他にスワップは含み益ですが、値洗い無しで
自己資本比率800%超、ヘラクレスに上場している業者で、
マネーパートナーズは、デイトレスキャル用に開設しています。
サーバの頑丈さを考えると、GFT系のAFTやSAZAも
デイトレスキャルには適しています。
(しかし、GFT系は値洗い有りの確定益ですので
 長期スワップ漬けには全く向きません)

色々な意見があると思いますが、
私のスワップ派のFX業者の考えはこんな所です。

後、前回も書きましたが、ドル円などのクロスドルペアは、
私は、ドルは将来段々と没落していく通貨だと思っているので、
スキャルで買う以外で、長期保有は考えていません。
逆に、どんどんユーロの方は、
安い場面があると買って行きたいと思います。



ニュースで話題!4億円脱税の主婦の投資とは?!外国為替(FX)の徹底比較!
スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

      
トラックバック
トラックバックURL
→http://freedomfx.blog104.fc2.com/tb.php/477-05e0f87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。